リテラシーズ kurosio Pub.

リテラシーズ国際研究集会 ことば・文化・社会の言語教育
リテラシーズ国際研究集会 ことば・文化・社会の言語教育

プログラム

リンクのあるものは,タイトルをクリックすると概要がご覧いただけます。詳しい内容は,プロシーディングをご覧ください。

第1日目: 9月17日(土)

  1. 午前の部 10:00-12:00
    1. パネルセッション A (井深大記念ホール)
      パネルセッションAの模様
      • ビジュアル・リテラシーに向けて――「視読解」・「ビューイング」・「レイアウト」を鍵概念とするアプローチ
        門倉正美(横浜国立大学)・奥泉香(学習院女子大学)・岡本能里子(東京国際大学)
      • 討論
        司会:発表者
    2. 研究発表 a (第1会場)
      研究発表aの模様
      • 『欧州共通参照枠』におけるagent/acteurの概念について
        姫田麻利子(大東文化大学外国語学部)
      • 「国際化」の中の「逸脱した日本語」について
        須田風志(大阪大学言語文化研究科)
      • 他者を理解する目を養うために
        山川智子(東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻)
      • 討論
        司会:野村敏夫(桜美林大学)
    3. 研究発表 b (第2会場)
      研究発表bの模様
      • 地域と学校の連携による外国人生徒の母語を生かした学習支援
        猪熊未奈子(横浜市国際交流協会)
      • 総合活動型のインターアクションにおける学び
        林逸菁(早稲田大学大学院日本語教育研究科)
      • ナラティブを通して見た言語・文化間移動の意味
        谷口すみ子(シドニー工科大学教育学部)
      • 討論
        司会:司会:野山広(国立国語研究所)
  2. 午後の部 13:00-17:40 (井深大記念ホール)
    1. パネルセッション 1:外国語教育・学習者主体の変遷 (13:10-)
      クラムシュらのセッションの模様
    2. パネルセッション 2:言語教育と多文化社会 (15:30-)
      ロビアンコらのセッションの模様

第2日目:9月18日(日)

  1. 午前の部 10:10-12:00
    1. パネルセッション B (井深大記念ホール)
      パネルセッションBの模様
      • 相互行為実践とリテラシー
        西口光一(大阪大学留学生センター)・嶋津百代・菊岡由夏・神吉宇一・山下隆史(以上,大阪大学大学院言語文化研究科)
      • 討論
        司会:森下雅子(早稲田大学)
    2. 研究発表 c (第1会場)
      研究発表cの模様
      • 言語と文化に向き合う姿勢をつくり社会実践を目指す教育
        工藤節子・松尾慎(東海大學文學院日本語文學系)
      • 差異の衝突する場としての教室
        大和えり子(マレーシアプトラ大学言語学部外国語学科)
      • 非母語話者日本語教師に関する一考察 — 初級クラスの中の「私」
        辛 銀眞(早稲田大学大学院日本語教育研究科)
      • 討論
        司会:河野理恵(一橋大学)
    3. 研究発表 d (第2会場)
      研究発表dの模様
      • 児童・生徒のリテラシーを引き出し、関連付け、伸張する年少者日本語教育
        山田裕子(早稲田大学大学院日本語教育研究科)
      • 「定住型児童」の対話と協働学習を通じた「読む力」の育成
        籔本容子(早稲田大学大学院日本語教育研究科)
      • 子どもたちは「日本語指導」をどのように経験しているか
        広崎純子(早稲田大学日本語研究教育センター)
      • 討論
        司会:池上摩希子(早稲田大学)
  2. 午後の部 13:00-17:40 (井深大記念ホール)
    1. パネルセッション 3:言語と社会・文化 (13:10-)
      ザラトらのセッションの模様
    2. 全体ディスカッション (通訳付:15:30-)
      全体ディスカッションの模様
      • 両日午後のパネルセッション発表者全員による
      • 司会:佐々木倫子(桜美林大学)
      • コメンテーター:M. バイラム(Michael Byram
        • ダーラム大学教授(Comparative Education, Bilingual Education, and Intercultural Studies and Education),Council of Europe顧問 [Homepage]
        • 主著に,Intercultural experience and education. (Buffalo, 2003),他

▲ 先頭へ

copyright (c) 2005 Society of Literacies Education.